【太りたい女性向け】ブリリカの過去を少しお話します

【この差って何ですか】ぽっこりお腹を解消する食事は?SIBO(シーボ)を防ぐ対策!

1月21日放送【この差って何ですか】では、ぽっこりお腹の原因の1つである「SIBO」という症状がとりあげられました。食後にお腹がぽっこりするのはイヤですよね。お腹でガスが発生する原因と予防策が紹介されましたので、まとめてみました。参考にどうぞ。

番組に登場した専門家:消化器内科・江田クリニックの江田証院長

ぽっこりお腹の原因は?

【この差って何ですか】では食後にお腹がポッコリする人としない人の差」が特集されました。

食後、「なぜかお腹がポッコリするな」「昔はこんなに出てなかったのにな」と感じる人も多いハズ。

なかには「わたし、胃下垂なんです」なんて言う人もいます。

しかし江田証先生によると、胃下垂が直接の原因でそこまでお腹がポッコリすることはないというでした。

細身の女性に多いこの「ぽっこりお腹」現象。実は、小腸内の菌が増殖してしまったことによる“ガス”が原因とのこと。

この症状は「SIBO(シーボ)」と呼ばれていて医学界でも注目されているようです。




SIBO(シーボ)とは

最近医学界でも注目されている「SIBO(シーボ)」。日本語に訳すと、小腸内細菌増殖症と呼びます。

  • 細菌が増える
  • 細菌が餌を食べる
  • 細菌が発酵しガスを発生させる

腸内の食べ物の残りカスが発酵し、ガスを大量発生させる症状がSIBO。

食後にお腹がぽっこりなる人1日25回以上おならをする人は要注意です。

番組に登場した江田先生の著書【小腸を強くすれば病気にならない 今、日本人に忍び寄る「SIBO」】に詳細が書かれています。「SIBO」のより詳しい内容をお知りになりたい方は参考にどうぞ。

お腹がぽっこりする人の特徴

お腹がぽっこりするのは筋力が弱い人とのこと。小腸の動きが悪くなっているのが原因ですね。

小腸の動きが悪くなると、細菌がたまってしまうようです。

小腸の長さは6〜8m。筋肉が弱いと、本来大腸に送り出す細菌が小腸にとどまってしまいます。

また、間食が多い人も要注意。腸は空腹時におそうじ運動をしています。

ところが、間食をしてしまうと腸の清掃がストップし、細菌が小腸にとどまりガスを発生させてしまいます。

ぽっこりお腹を解消する食事

ぽっこりお腹を解消するためには、細菌のエサになりやすい特質を多く含む食事を避けること。

以下は番組に登場したガスを発生させやすい糖質を多く含む食べ物です。単純に糖質が多い食品ではないので、注意が必要です。

  • パン
  • パスタ
  • うどん
  • ラーメン
  • 納豆
  • 絹ごし豆腐
  • リンゴ
  • 玉ねぎ
  • にんにく
  • 牛乳
  • ヨーグルト

ガスを発生させやすい糖質を多く含む食事にはヨーグルトも含まれます。健康なときは良いですが、お腹の調子が悪いときには避けたほうが良いようです。




感想とまとめ

ぽっこりお腹の原因ともなる【SIBO】。初耳です。

胃下垂が原因ではなかったんですね。勉強になりました。

ガスを発生させやすい糖質を多く含む食事をさけて、小腸の細菌に餌を与えないように気をつけたいと思います。