【太りたい女性向け】ブリリカの過去を少しお話します

【ホンマでっかTV】新型コロナウイルスを徹底討論|効果的な予防法は?

ブリリカ

【ホンマでっかTV】は、いつ見てもおもしろい!

2月5日放送の【ホンマでっかTV】では連日報道番組でも取り上げられている新型コロナウイルスが特集されました。

このウイルスはいったいどこからやって来たのか?効果的な予防方法は?ウイルスに弱点がある?

専門家が答える新型コロナウイルス関連情報をまとめました。

【ホンマでっかTV】で新型コロナウイルスを徹底討論

明石家さんまさんが司会する人気バラエティ番組【ホンマでっかTV】。2月5日の放送では、いま世界で猛威をふるっている感染症「新型コロナウイルス」が取り上げられました。

ブリリカ

コロナウイルスとは?

発熱や上気道症状を引き起こすウイルスで、人に感染を起こすものは6種類あることが分かっています。そのうち、中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などの、重症化傾向のある疾患の原因ウイルスも含まれています。それ以外の4種類のウイルスは、一般の風邪の原因の10~15%(流行期は35%)を占めます。

引用:厚生労働省

番組ではホンマでっかTVに出演する百戦錬磨の評論家軍団が、新型コロナウイルスについての疑問・質問に回答。

評論家
池田清彦(生物学)

植木理恵(心理)

岡田晴恵(感染症対策)

梶本修身(疲労)

武田邦彦(生物学)

目からウロコの情報が満載でした。

新型コロナウイルスの新事実

岡田晴恵先生(感染症対策)によると新型コロナウイルスは4月をピークに拡大していくとのこと。推定では4〜5月が流行のピークになり、梅雨まで長引くようです。

普通の風邪も実は約15%くらいがコロナウイルス。その中でも野生動物から人間にうつるコロナウイルスは強いようです。

  • MERS → 致死率40%
  • SARS → 致死率10%
  • 新型コロナ → 致死率2〜3%

新型コロナウイルスは、感染しても無症状の人が多いため、致死率はぐっと下がります。

梶本修身先生(疲労)によると、このウイルスの危険性をいちばん最初に警告したのは、なんと人工知能!カナダの疾患監視分析プログラム・ブルードットが新型肺炎の拡大を予測していたようです。

【外部サイト】新型コロナウイルスの危険性を、人工知能が世界に先駆けて「警告」していた

また、東京のほうが中国の他の都市よりも感染が広がりアウトブレイクする可能性が高いとも仰っておられました。

確かに、日本では中国のような極端な行動規制は難しいでしょうね。

武田邦彦先生(生物学)は大型のウイルスが発生する地域はバナナができる温暖な地域が多いと話していました。




新型コロナウイルスの効果的な予防法は?

岡田晴恵先生(感染症対策)によると新型コロナウイルスの効果的な予防方法は【インフル+ノロ+目】対策。

新型コロナは目からもうつるようです。医療従事者に感染が多いのは目から飛沫を浴びるケースが多いとのこと。

効果的な予防法の1つは目を守る

さらに、コロナウイルスは大便にもあるとのこと!ティッシュの目も通り抜けるようです。

予防法!
  • トイレのふたは必ず閉めて流す
  • 用を足した後は手をしっかり洗う
  • コンタクトをつけるときは、しっかり手を洗う
  • のどを乾燥させない
  • 人と握手しない
  • 石鹸とアルコールで徹底的に手を洗う
  • アルコールウエットティッシュで手を吹くだけでも効果的

ブリリカ

まとめると、手洗い+うがい+目を触らないこと




感想とまとめ

ブリリカ

【ホンマでっかTV】のコロナウイルス特集は、情報番組の視点とはまた違っていて、興味深かったです

岡田晴恵(感染症対策)先生が評論されていたのも良かったです。感染しないよう、できるだけの予防対策をしたいと思います。